NIKI RESORT INC.,
  • ホーム
  • フィロソフィー
  • 会社概要
  • ニュース&トピックス
  • ブランド展開
  • 法人様へ
  • フィロソフィー
  • ビジョン
  • ブランドストーリー
心映えの美しい人が、美しい商品を美しい形で届ける。人としての豊かさを問い、ホスピタリティの本質を追求します。
訪れるたびに懐かしさを抱かせ、いつも新たな出会いをもたらしてくれる横沢の自然。二期倶楽部が位置する栃木県那須は関東の北限と東北の南限にあり、北方系と南方系の植物が混在しています。大正15年には皇室の那須御用邸がつくられ、ロイヤルリゾートとしても知られるようになりました。この地は、まさに自然の宝庫。私たちが事業を展開する横沢エリアの雑木林も、落葉から堆肥へ、伐採時の切り株から萌芽・生長へという循環が、さまざまな生命を育んでいます。ヒューマンサイズに残されたこの環境は、私たちのすべてのブランドの源です。
「水は、渇きが教えてくれる。」
19世紀にその一文を書き留めたのは、ニューイングランドの詩人エミリー・ディキンソンです。当時のアメリカは、南北戦争と戦後の拝金主義によって心の廃墟化が進んでいましたが、エミリーは父のためにパンを焼き、人々にプディングをこしらえ、温室の植物を手入れして、少ない本を繰り返し読むという生活を守り続けました。
一つは、孤独のため。
一つは、友情のため。
一つは、社交のため。
20世紀から21世紀にかけて世界の質をどう変えていくべきかが問われているいま、二期倶楽部は少ないもので暮らすことのゆたかさを称えるため、ヘンリー・ソローが『ウォールデン』で著したように「森の生活と、三つの椅子を用意しました。」と語りかけました。時代はLUXEに傾斜しはじめていましたが、その流れに敢えて逆らうようなマニフェストです。ソローがいう三つの椅子さえあれば、他は何もいらない。私たちはいまこそ、ソローの「簡素な生活」やエミリーの「小さい手をいっぱいに広げて/天国をつかむ」のような生き方が求められているように思えてなりません。そうしたとき、私たちがしなければならないことは、それほど多くのことではありません。
水のように渇きをいやすこと。
いのちにあふれた森でありつづけること。
そして、竃に火を絶やさないこと。
日ごろの暮らしぶりが時代の問いかけになり得るような生き方を、日本では古来から「事依佐志(ことよさし)」といいます。人としてどうあるべきか。最も大切なことは何か。私たちは仕事を通して「事依佐志」の道を学び、学んだことを自らの生につなげ、生きる本質を問い続けていきます。